紫外線対策 服

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

(写真はユニクロのUVカットパーカー)


紫外線対策の服は「長袖長ズボンが一番」と思っていませんか?

やみくもに着ても十分な効果が得られないどころか、真夏では紫外線対策の前に熱中症になってしまいます。

紫外線対策の服を選ぶなら色と素材は要チェックです!

紫外線カット効果の高い色は「黒」や「ネイビー」

紫外線のカット効果が一番高いと言われている色は「黒」です。その他、ネイビーや茶色などの濃い色は紫外線カット効果が高くなります。

反対に白や黄色、ピンクなどの薄い色は紫外線対策の服としては、効果が薄くなります。

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

 

でも夏は暗い色じゃなくて、薄い色の服を着たくなるよ〜

 

そんな時は、服の素材にこだわるといいよ!あと、UV加工してある「白」は、UV加工していない「黒」よりも紫外線を防止できるよ♪

素材で選ぶなら綿(コットン)100%よりもシルクや混紡素材

綿100%を着たい時は、繊維の織りが密になっているものを

暑い季節は通気性が良く、着心地も良い綿素材が気持ちいいですよね。

でも綿100%の服は、繊維の織り目から紫外線を通しやすく、紫外線対策としては、やや不向き。

綿100%の服を着たい場合は、繊維の織りがギュッと蜜になって、でこぼこしている素材がおすすめです。紫外線を肌まで通しにくくなります。

 

綿は洗濯すると縮む事がありますが、生地の目が詰まるので、紫外線遮蔽率が上がります。服は小さくなっちゃうけれど(笑)

シルクや混紡素材は、紫外線カット効果が高い

暑い季節に不向きなポリエステルやウールは、紫外線カット効果が高い素材になります。しかし、これらは夏に着るには暑苦しいですよね(汗)

敏感肌にも優しいシルクや、綿とポリエステルを混ぜた混紡素材は、紫外線カット率が高く、一年を通して着れるのでおすすめです。

紫外線が多い時期はUVカット加工繊維のものを選ぶ

紫外線の多い時期に特に有効な素材は、UVカット加工が施された繊維!

UVカット加工繊維は、日焼け止めなどに配合される紫外線防止剤などを使用して加工された繊維のことを言います。UVカット加工繊維は、作り方によって2つのタイプがあります。
  1. 紫外線防止剤を生地に練り込むタイプ
  2. 生地に後から紫外線防止剤をコーティングするタイプ
このうち、おすすめなのは1の「紫外線防止剤を生地に練り込むタイプ」。

練り込むタイプは生地を作る前の糸に加工しており、洗濯で効果が落ちる心配がありません。

UVカット加工繊維であれば、何色の服でも紫外線カット効果に影響がなく、暑い季節に、見た目にも暑苦しい黒を着なくて済むのはうれしいですね。

ただし、繊維の織り目が粗いものは隙間から紫外線が侵入してくるので、日焼け止めが塗れない方は特に、織り目が詰まったものかどうかをチェックして選ぶようにしましょう。

紫外線をどの程度防ぐかわからない時は「UPF」値を参考に

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

最近では日本のアパレルメーカーの服でも、紫外線カット率を表した「UPF(紫外線保護指数)」が表記されているものがあります。

UPFは3段階で表され、数値が高いほど服の紫外線カット効果が高いことを示しています。
  • UPF15〜24:効果は良い
  • UPF25〜39:効果はとても良い
  • UPF40〜50+:効果は非常に優れている
購入する際はUPFの表記もチェックしてみて下さいね。

参考にしてみて!紫外線対策服の例

紫外線が多い時期の屋外はUVカット加工のものを、室内であればシルクや混紡素材がおすすめです。反対に紫外線の少ない時期は、屋外内問わずポリエステルやウール、シルクや混紡素材でも良いでしょう。シチュエーションによって服を選んで下さいね。

ユニクロ/エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

お手軽に買えるのが、ユニクロのUPF40のメッシュパーカー。

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど


腕がすっぽり隠れ、アームカバーなしで手の甲の日焼けを防げます。

親指だけ出せるので、買い物や自転車なども問題なく、日常的に使いやすいUVカットパーカーです。生地が薄手で、ささっと羽織りやすく、白ゆきは色違いで揃えています。

パーカーがカジュアルすぎる場合、ユニクロではUVカット加工している薄手の長袖カーディガンやノースリーブニットもそろえているので、店舗でじっくり見てみるのも良いですね。

Pierrot/UVカットスラブ2丈指穴パーカー

綿とポリエステルの混紡素材を使用し、洗濯しても型崩れしにくい素材のパーカーです。凹凸のある生地なので、熱がこもりにくく暑い季節でも快適に着ることができます。ミディアムとロング丈の2パターンがあります。

UVカット加工繊維は使用していないものの、黒に至っては98.6%のUVカット率です。袖口は長めで親指と残りの4本指が分かれている指穴付きのデザインなので、手の甲部分の日焼けも防止できます。

薄手で、真夏の行楽地へ出かける時に携帯しやすいのが便利。

イーズクリエーション/UVカット シルク100% ペプラム カーディガン

「パーカーでは少しカジュアルすぎる」という方におすすめなのが、カーディガンタイプの羽織物です。シルク100%を使用したぺプラムデザインのカーディガンで、体型カバーはもちろん、オシャレ度もアップして見えます。

シルクは紫外線を吸収するという特性があり、肌に到達する紫外線を90%以上カットできると言われています。また、綿よりも吸湿性や放湿性に優れ、更に保温性まである素材なので、夏は涼しく冬は暖かい万能な着心地です。

イーザッカマニア/barrier cool

UVカット加工が施された綿を使用して作られたパーカーは、10色展開でどれもUPF50+、UVカット率99.8%という実力です。

まさに、着る日焼け止めと言った感じで、紫外線の多い時期の屋外で活躍してくれるパーカーと言えるでしょう。

使用している紫外線防止剤は日本製の薬剤を使用し、他の服にも馴染みやすく着心地も良い綿素材にこだわって作られています。汗を溶解・吸熱する加工も施されているので、暑い季節でもひんやり快適な着心地です。また、表面には花粉付着防止剤が施されているので、花粉の付着を最小限にとどめてくれるのもうれしいですね。

紫外線対策できる服の選び方|色や素材、UVカットパーカーなど

 

今はUVカット加工された洋服がたくさんあるので、お気に入りのものもきっと見つかるはず!白ゆきは、ユニクロのお世話になる事が多いです♪