産後 シミ

産後のシミ対策!低刺激シミクリーム〜レーザー治療までまとめ

産後のシミ対策!低刺激シミクリーム〜レーザー治療までまとめ

妊娠、出産とめまぐるしく時間が過ぎる中で、「こんなところにシミが!」と、ある日突然、気づく人も多いもの。この時期は体調が変わっていくのと一緒に、お肌にもさまざまな変化が現れます。「一刻も早くなんとかしたい」というママのために、産後すぐにできる、効果的なシミ対策を紹介します。

妊娠・出産中に、シミができやすいのはどうして?

お肌の悩みの中でもやっかいなシミ。妊娠をきっかけに、シミが目立つようになったという人も多くいます。その理由はなんでしょうか?

シミの主な原因は、紫外線、新陳代謝の遅れによるターンオーバーの乱れ、炎症などの肌トラブル。特に妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が増え、メラノサイトが活性化し、シミが濃くなってしまうのです。

「妊娠性肝斑」と呼ばれているような特別なシミもあります。これは、左右の頬に同じようにできるのが特徴。普通の肝斑は、一度できてしまうとなかなか薄くならないのですが、妊娠性肝斑は一過性といわれ、産後、数か月で消えるのが一般的です。その理由は、ホルモンバランスが通常に戻るからです。

産後は、授乳や夜泣きで睡眠不足になりやすく、精神的に不安定になります。授乳中はママの身体は栄養を失いやすく、便秘になることもあります。しかも、手間をかけたシミ対策をする時間がないために、できたシミがそのまま……なんてことも。

では、忙しい産後に自宅で出来るシミ対策、そして産後のシミ取りレーザー治療について見てみましょう!

自宅で産後のシミをケアをする

シミ用クリームを使う

ママの体調・赤ちゃんへの影響を考えて低刺激なものを!

産後の肌は、身体と同じでお疲れ状態です。そのため、高い美白効果を期待して、刺激の強い成分を高配合した化粧品は避けた方がいいでしょう。

また出産をきっかけに、体質が変化する人もいますので、今まで使っていた成分でも、過剰に反応してしまうことがあります。「あれ?」と感じることがあったら、すぐに使用を中止するようにしてください。

産後のシミ対策には低刺激な美白化粧品を使うのもおすすめですが、使用中の化粧水や美容液で特に肌かぶれなどが起きていない場合は、クリームだけを美白用に変えてみるのも良いかもしれません。

クリームは肌に真っ先につけるものではないので、ブランドを変更しても、肌に強い刺激を与える事が少なく、産後の不安定な時期でも安全に使いやすいからです。

赤ちゃんへの影響ですが、化粧品は真皮まで到達しないので、美容成分が体内に取り込まれて、直接、母乳に影響することは考えられません。

でも、注意しなければいけないことがひとつ。手を使ってスキンケアをした後、すぐに赤ちゃんに触れることで、赤ちゃんの肌がかぶれてしまうこともあります。そのため、低刺激なシミ用コスメやクリームを選ぶ必要があります。

低刺激で産後のシミにおすすめのクリームは次の3つ♪

サエル ホワイトニングクリームクリアリスト
無香料・アルコール不使用・無着色・皮膚科医立ち合いテスト承認済
サエルはディセンシア(ポーラ・オルビスグループ)、敏感肌の人用に開発された、肌へのやさしさと美白を両立した化粧品シリーズです。

美白有効成分、ビタミンC誘導体をサエルの美白クリームには含まれます。同時に、肌が敏感な時に失われている事の多いセラミドを、しっかり補えるクリームです。

産後のように肌が不安定な状態の時は、肌が無防備にさらされ、より一層シミが出来やすいもの。その肌を保護しバリア機能を高め、シミを出来にくくするサエルのクリームは特許取得技術を使っています。

 

こってり感とみずみずしさのあるサエルの美白クリームは肌になじみやすく、また肌が守られている感があり、とても使いやすいですよ。

ノブL&W
無香料・アルコール不使用・無着色・臨床皮膚医学に基づき製造
臨床皮膚医学に基づいて作られた敏感肌用の化粧品で、エイジングケアもできます。ノブL&Wは皮膚科の先生がおすすめしてくる事も多いブランドで、安心して使い始められます。

ノブL&Wシリーズの中でも特に人気が高い美白クリームは、美白有効成分ビタミンC誘導体を配合。持続型ビタミンC誘導体なので肌にとどまって、継続的にケアしてくれるのも魅力的です。

 

肌なじみに良い保湿成分スクワランを含むので、シミに加えて産後の肌がカサカサして弾力がなくなってきている、という方に特におすすめです。
アスタリストホワイト

独自のナノテクノロジーで美白してくれる富士フイルムの化粧品。

アスタリフトホワイトクリームには、美白有効成分アルブチン、また紫外線による酸化を防ぐアスタキサンチンが含まれます。

アスタリフトシリーズ全体を通して言える頃ですが、どの化粧品もまろやかで優しい感触、そして保湿感も高めです。

ほんのりとローズの香りがするので、赤ちゃんを抱っこする際に気になる方もいます。一方、ローズの香りに癒され産後の慌ただしい時のリラックスタイムになるという方もいます。

化粧以外に自宅で出来る産後のシミ対策

産後のシミ対策は、化粧品を正しく使うことのほか、毎日のちょっとした工夫で効果を高めることができます。

いつも以上に優しい洗顔を心がける

いつもにもまして優しい洗顔をすることが大切です。肌が敏感な状態で、朝夕に洗顔剤を使ったり、ゴシゴシこすったりするのはNGです。摩擦でシミを作る原因になります。夜はメイクや汚れを落とすためのしっかり洗顔になる分、朝はぬるま湯で汚れや余分な脂分を落とす程度で十分です。

身体はなるべく動かして!血行が良くなるとシミにも◎

産後はあまり身体を動かす時間がありません。そのため、血液やリンパの流れが滞りがち。それでは、顔色も悪くなる上、肌に滞ったメラニンを排出する力が弱くなります。ストレッチをしてカラダをほぐすことで、巡りを改善し、今あるシミを一刻も早く外へ出しましょう。

産後のシミ対策に特にとりたい栄養素

食事も、美肌づくりに欠かせないものです。特に、ビタミンA・C・Eは積極的に摂取したい栄養素。新陳代謝を高めることで、シミを予防したり薄くしたりするほか、うるおいUPやストレスに負けない肌を作ってくれます。緑黄色野菜やフルーツを積極的に食べてくださいね。新陳代謝を高めるには、亜鉛も大切。カキや煮干し、するめなどに多く含まれます。

また、ヒアルロン酸は保湿力を高めてくれます。保湿力が低くなるとシミが悪化します!化粧品でケアするのも良いですが、身体の中から潤えるようにしましょう。軟骨や豚足のほか、鮭やうなぎ、納豆やオクラがおすすめです。

逆に、おすすめできないのは、糖分や脂肪分の多い食事。これは、体内はもちろん、肌を酸化し老化を促進するので、適量を心がけてくださいね。食事はバランス重視です。

 

産後ママの時間の確保は難しいと思うけれど、できるなら睡眠時間もなるべく作るようにしてください。シミも含めシワやたるみなど、細胞が修復されるのは睡眠している間だからです。

授乳や夜泣きでまとめて寝ることが難しくても、赤ちゃんと一緒にお昼寝して少しでも睡眠時間を確保できると、いいですね。

産後のシミをレーザーでとりたい時

レーザーでシミをとるならエステサロンではなく、皮膚科クリニックへ

シミが気になって仕方ないという人や、出産・育児にがんばっている自分へのご褒美として、レーザーでシミをとってしまおうかなと考える人もいるでしょう。そこで、産後のレーザー治療を受けるときに、気を付けるポイントをお伝えします。

まず、レーザーを受ける場所ですが、エステサロンではなく皮膚科クリニックに行くことをおすすめします。医師在中の皮膚科であれば、施術後に肌トラブルが起こった時の対応や、赤ちゃんへの影響を考慮してくれるからです。

産後のシミ取りレーザーはいつから行ける?

産後1か月は体力回復の時期なので、絶対に避けてください。その後は個人差もありますが、妊娠前と比べて肌が敏感になっていると感じる間は避けた方が無難です。

ここは個人差やレーザーの種類にもよるので、受診するクリニックに相談するといいでしょう。フォトフェイシャルのように、作用がゆるやかなものは、比較的早く受けさせてくれるところも多いです。

シミのレ―ザー治療で注意したいのは麻酔や薬

授乳中のママは、赤ちゃんへの影響も考えなければいけません。顔へのレーザー照射が母乳に影響を与えることはありませんが、種類によっては、麻酔や痛み止め、抗生物質などを使用するので、そちらの影響を考えます。

シミ取りレーザーの料金目安

気になる料金ですが、自由診療なので、クリニックによって価格設定がさまざまです。目安として、どのレーザー治療でも、初回は全顔で5千円〜1万円くらいというところが多いです(お試し価格の設定がないところもあります)。

特定のシミだけにレーザーを照射する場合、一か所あたり1000円以下というところもありますが、何か所もやると、かえって高価になってしまいます。

シミの種類によっては定期的に通う必要もあるから医師に相談

また、レーザーは一回の施術ですべてのシミがなくなるものではありません。ホクロや一部のはっきりとしたシミは一度のレーザー治療で取れますが、広範囲にある薄いシミは何度も通って効果を出していきます。中には月に1回の通院で、1年以上かけて治療するシミもあります。まずはクリニックに行って、相談してみてくださいね。

 

産後のシミが一気に増えるとあせってしまいますよね。でも自分で出来るシミ対策もあります。そしてレーザーで産後のシミを取りたい時は、何度も通うケースもあるので、近場の通いやすい皮膚科を選ぶのもポイントですよ!